経済的自由への旅

見たり聞いたりしたストレス解消の話を紹介しています。科学的根拠や心理学に基づいたものを中心に紹介しています。その他、好きな小説やお金のお話も少々。https://kusakaberyotaro.hatenablog.com/

体調を崩さないために「ファイトケミカル」の話

f:id:kusakaberyotaro:20200114153854j:plain

 

kusakaberyotaro.hatenablog.com

 

今週のお題「二十歳」

今日は、もう二度と体調を崩さないために「ファイトケミカル

の話を聞きましたので、ご紹介します。

初めにファイトケミカルとは何か?

それは植物が作り出した自衛物質です。

植物が身を守るために作り出した物質です。

皆さんも体調を崩すことがあると思います。

不規則な生活や食事とか諸々の原因があります。

食事はいろんな栄養素があり、

毎日その全てを摂取することは不可能です。

そこでファイトケミカルを有効活用します。

ファイトケミカルは大きく5つに分けられます。

ポリフェノール

カルチノイド

硫黄化物質

硫黄化合物

ビタミンその他、です。

ファイトケミカル活性酸素と戦ってくれます。

活性酸素は、発生すると取り除くことの出来無い、

最悪な状況まで進行してしまいます。

そこで、その進行を防いでくるものが

ファイトケミカルです。

活性酸素とは何かというと、

ミトコンドリアがエネルギーを作るときに、

発生させてしまう物質スーパーオキシドです。

本来SODがスーパーオキシドを分解してくれて

過酸化水素(H2O2)が出来ます。

そして過酸化水素をカタラーゼが分解してくれて、

無毒化するのですが、

ファイトケミカルと言われる物質が足りないと、

どうなるか?

それは、過酸化水素を逃してしまいます。

逃すとどうなるか?

そうなると、進化してヒドロキシラジカル(手遅れ)

が発生してしまいます。

こうなると無毒化出来ないような物質です。

それからもう一つ、酸化した脂肪がNGです。

過酸化脂質を作るのが一重項酸素です。

なので、この4種を倒すことが大切です。

ですが、ヒドロキシラジカルは倒せないので、

その前の段階で、止めることが重要です。

そこで、ファイトケミカルの出番です。

野菜を沢山食べましょう。

ファイトケミカルは野菜を沢山食べる事で摂取できます。

ですが、そこには少しコツがあります。

大根おろしはすりおろしたら、直ぐに食べることが重要です。

山葵の絡み成分も同じで、すりおろしたらすぐに食べる。

なぜなら、時間とともになくなってしまうからです。

また一日の野菜摂取量は350gです。

これを簡単に取るためには、スロージューサーが、

お勧めなようです。

普通のミキサーでは熱が加えられてしまうため

揮発性の種類のファイトケミカルやビタミンなどが、

壊れてしまいます。

また、野菜の洗い方や玉ねぎの皮にもファイトケミカルが、

豊富に含まれていたりします。

玉ねぎの皮の有効活用や料理に関する詳細は、

インターネットでお調べください。

ここでは、ファイトケミカルを少し詳しく説明します。

ポリフェノールはワインとイメージですが、

実はベリー系の皮に含まれます。

ベリー系にはフィセチンという記憶物質や

アントシアニンもその一種です。

あと茄子に入っているものは、ナスニン、

そしてナスを皮ごとに出した時に出る灰汁は、

クロロゲン酸といって抗がん作用、抗コレステロール作用、

脂肪減少の効果があると言われています。

また日本のポリフェノールといえば、

カテキンです。

カテキンは、お茶や小豆にも入っています。

カテキンは上記の効果に加え、抗ウイルス、

抗アレルギー作用もあります。

玉ねぎとブロッコリーは、

ケルセチンという物質が入っていて、万能食品です。

沢山食べるようにしましょう。

 

体調崩すと皆さんも痛感すると思いますが、

何よりも健康が一番です。

メンタルを保つには運動と瞑想と食事に尽きるそうです。

これからもそこに、気をつけて生きていきたいと思った。

そんな話でした。

 

 

経済的自由への旅 http://www.keizaitekijiyuuhenotabi.com/

 

ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで「参考になったよ!」という方は応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ミュゼプラチナム

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンタルトレーニングへ
にほんブログ村

マネパカード