経済的自由への旅

見たり聞いたりしたストレス解消の話を紹介しています。科学的根拠や心理学に基づいたものを中心に紹介しています。その他、好きな小説やお金のお話も少々。https://kusakaberyotaro.hatenablog.com/

疲れにくくなる話

 

kusakaberyotaro.hatenablog.com

 

今日は疲れにくくなる話を紹介します。

まず、疲れにくい人は、幸福度の高い人

仕事が終わったあとにも運動をしていたりします。

疲れにくいので、ありえますよね。

f:id:kusakaberyotaro:20190820175928j:plain

また、運動をするのでスリムだったり

収入が高くなったりするので、

メンタルが安定したり、幸福度が高まったりします。

さらに、風邪を引きにくかったりします。

疲れには肉体的な疲れとメンタルの疲れと

2種類ありますが、メンタルの精神的疲労

溜まってくると誘惑に弱くなる傾向があるようです。

ジャンクフードを食べたり、大酒を飲んだりして

肉体が疲れるような行動をしやすくなります。

そして疲れて行動をしなくなってくると

何て自分はダメなんだろうと自分を責めて

メンタルが疲れ始めて、メンタルが疲れるから

肉体が疲れるような行動をしてしまう

ネガティブループに陥ってしまいます。

そこで、解決方法はセルフコントロール

高めることが重要です。

セルフコントロールとは前頭葉の中にある

自制心の事です。

現代の疲れは、メンタルの疲れ、

つまり脳の疲れだと言わています。

セルフコントロールを高めると

疲れづらい、空腹感を感じづらいという事が

分かっています。

セルフコントロール、自制心を高めると

空腹を感じても、今の所はまあ大丈夫。

と我慢ができると分かっています。

これは全般の物事に言えることで

例えば、対人関係のストレスも嫌な人だけど

まあ、そんなに害はないしほっておけば良いか。

とスルーすることができます。

実は、肉体的な疲労というのは、

人間は肉体を100%使用しているわけではなく

100%使用してしまうと

身体がボロボロになってしまうので

それをコントロールするために

ある程度、使用すると疲労を感じさせ

セーブするように出来ています。

疲れやすい人はこれをストレスが原因で、それほど

実際は疲れていなくても、疲労を感じやすくなっているのです。

そう、つまりはセルフコントロールを高めることで

疲れを感じにくくなるという結論になります。

規則正しい毎日がメンタルを良好に保ってくれるんですね。

やはり基本が大切だな。と実感するお話でした。

 

 

ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで「参考になったよ!」という方は応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓ 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ミュゼプラチナム

にほんブログ村 本ブログ 小説へ
にほんブログ村にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンタルトレーニングへ
にほんブログ村

マネパカード